ホーチミン7区の駐在・生活情報(ビボシティ周辺)

ホーチミン7区(ビボシティ)の近所を歩いて集めた7区の生活情報と口コミ情報をアップしますので、これからいらっしゃる方、近辺に住んでらっしゃる方、ご参考にされてください。

ホーチミン7区の位置付け(1)

まずは、ホーチミン市における7区の位置付けから。

ホーチミンにおける中心部はやはり1区、企業、ホテル、高島屋も集まることから、東京に例えると、丸の内、銀座でしょうか?

では7区は?

f:id:Ho_Chi_Minh_7ku:20170604190111j:image

7区は郊外で、比較的あとからまちづくりがなされていて、(一応)高級住宅街として開発されています。また、クレセントモール、ビボシティの大型ショッピングモールがあります。最近はオフィスビルもできてきて、また国際金融街区として誘致もしていて、KPMGや、スタンダードチャータード、スリーエムとかも大きなオフィスを構えています。敢えて言えば、世田谷区、その中でも商業施設、オフィスもある二子玉川三軒茶屋、といった感じでしょうか?オフィスの今後の計画を見ていると、ビボシティ周辺はミニ新宿という感じもします。

フーミーフン(富美興)という台湾系の開発会社が中心に一帯のエリアを開発しています。

このエリアに日本人が多いのはやはり日本人学校があるからですね。子供のバス通学時間が短くてすみます。

あと、賃貸マンションが多く、ファミリーでも7-8万円の安いのから3-40万円の高級なのまで、幅広い選択肢があるのも特徴です。

また、単身の方でも、ホーチミン南側の保税区や、南西のキズナにお勤めの方は、この辺りに住まわれる方が多いです。

7区は、喧騒のど真ん中市内、というより、交通量が少なめで、道路幅が広く、場所によっては、少しゆったりした空気が流れています。